手の痺れの様々な原因

近年、手や足、腕に痺れを起こす人が増えてきているそうです。

近年、増加していることの原因としては、デスクワークが考えられます。パソコンなどの作業で、ずっと同じ姿勢で、手首や指など、一部分に大きな負担をかけていることが、痺れにつながるのでしょう。

手や足、腕の痺れである「手根幹症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」を説明しましょう。

症状としては、人差し指、中指を中心に痺れと痛みが起こります。特に朝、起きた時に症状が強く現れるようです。手を振ったり、指の運動をすると楽になります。

ひどくなってくると、親指と人差し指でOKサインがつくれなくなるそうです。

原因としては、手のひらの付け根部分に、靭帯と骨に囲まれている長さが3cm位のトンネル状の部分「手根幹」と呼ばれている箇所があり、その部分に圧力がかかってしまった時に「手根管」の中にある神経が圧迫されることにより、手や腕に痺れが生じたり、痛みが生じたりするのです。

しかし、手の痺れは、「手根幹症候群」だけが原因ではありません。
事故などで強い衝撃を受けてしまったことや、怪我の後遺症として痺れが発生してしまう場合、姿勢によって発生してしまう場合など、様々なケースがあります。

痺れをあまり軽く考えないでください。もし長い期間痺れが続いているようでしたら、大きな病気が隠れている可能性もあります(糖尿病も痺れの原因となります)。早めに病院に行き、きちんと診察を受けることをお勧めします。

手の痺れの原因の一つ手根管症候群

手の痺れの原因の一つに「手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)」があります。

自分の手の痺れが「手根管症候群」なのかどうかを調べるためには知覚的・電気生理学的に検査をする必要があります。

自分でチェックする方法を紹介します。
手が痺れている時に、ずっと手首に負担をかける状態、例えば手首を曲げた状態をしばらく続けてみてください。

◆痺れが強くなる場合
神経系にかなりの負担がかかっているということです。
神経科や外科などの科をすぐ受診して、治療をしてもらうことをお勧めします。

どこの神経が原因で痺れを引き起こしているのかが分かりますので、適切な処置が受けられると思います。
どうしても手の痺れが治らない場合、最悪の場合手術で神経の圧迫部分を解消させることもあるとのことです。

◆手の痺れがひどくならない場合
痛みもさほど感じない場合には、治療法として消炎鎮痛剤を使用することがあります。

この場合にはあまり動かさないように手を固定させておくことが大事です。そうすることで手にかかっている圧迫が解消され元の状態に戻っていくようになるでしょう。

症状が軽くても、取りあえず病院には行ったほうがいいでしょう。
できれば、病院に行くまでも、痺れが出ている手に負担をかけないように、固定しておくようにしましょう。

怖いのは大丈夫と変な自信を持って受診しないことです。
痺れは何が原因で起こるか分かりません。大きな病気が隠れていることもありえます。軽んじてみることをせずに、是非受診してください。

出産後の痺れに要注意

出産を経験した女性にのなかには、出産後に大変な思いをした方もかなり多くいるのではないかと思います。

出産後の女性の身体をまず襲うものに「むくみ」があります。
もちろん全員にむくみが出るわけではありません。出産前後で身体がむくんでしまうケースが結構あるみたいで、妊婦にとって悩みの種の一つみたいですね。

では何故、出産前後で「むくみ」が出てしまうのでしょうか?
妊娠中は食事のバランスが偏ってしまったり、過食になってしまったりと食生活が不規則になり、栄養のバランスも崩れてしまいがちです。

そんな状態の身体で出産をするのですから、身体の中の栄養が不足してしまい、その結果「むくみ」として症状が現われてしまうということだそうです。
また、「むくみ」は数日間にわたって症状が続く場合もあるようです。

「むくみ」の治療法の一つに、失われたビタミンを補給するというのがあります。補給すると徐々に「むくみ」は解消してきますので、それほど心配しなくても大丈夫です。

「むくみ」自体は、多少出るくらいであれば、それほど深刻に考えなくてもいいと思いますが、むくみとは別に肩や腰に痺れを感じたり、手に痺れ、それも痛みを多少伴う痺れを感じたりするのであれば、要注意です。

こう言った症状が出る場合には神経が圧迫されているケースが多いのです。放っておくと治療も長引くし、症状も悪化してしまいます。病院に行ってきちんと診断してもらうことをお勧めします。

体調が悪いと育児も苦痛になってきます。健康な身体で赤ちゃんを楽しく育てましょうね。

冷え過ぎ注意! 痺れとむくみ

昔から日本の夏は蒸し暑くてたまらないのですが、近年は、クーラー無しの生活が考えられないくらい暑いですよね。

クーラーがガンガンきいている所で生活をしていると体温調節がうまくいかなくなるのか、クーラーがかかっていない所でも汗をかきにくくなっていると感じたことはありませんか?

特に手のひらや顔に関して、汗をかきにくくなっているようです。主な原因は新陳代謝がクーラーによって衰えてしまっているためだそうです。

夏の間中、ずっとクーラーで快適な生活を送っていると、汗をかく機会が無くなってしまうので、身体のバランスが崩れてしまうということなのです。 できるだけ身体を冷やし過ぎないようにしておくことが身体のバランスを調えるために必要なのです。

冷やし過ぎの生活を続けていると、身体に「痺れ」や「むくみ」と言った症状が現れるようになり、放っておくと身体全体に症状が出てくるようです。

「痺れ」「むくみ」などの症状が日を追うごとに悪化するようであれば、クーラーを消すか、それが無理なら、温度を上げるなどの対処をして、身体を冷えから守る必要があります。

手や顔にむくみの症状が出てくると、手や顔を圧迫してしまうということにつながり、それにより痺れも出てくるようになるのです。

その症状を何も対処もせずに放っておいてしまうと病気になってしまうケースもありますので、軽く見ないできちんとした対応をしましょう。

身体を冷やすということは大変危険なことなのだと、身体で実感する前に理解しましょう。

肩凝りと手の痺れの関係

本人に自覚があるかどうかはともかく、多少とも「肩凝り」になっていない人はいないのではないでしょうか。

肩凝りは、肩周辺にある筋肉の緊張やこわばりが原因で血行が悪くなるために起こる症状です。

肩は腕という重い部位をいつも支えているので、筋肉がしっかりしていないと肩にかかる負担はすごく大きくなってしまうのです。

たかが「肩凝り」と軽く見てはいけません。血行不良や負担によって体内の血液循環が悪くなることや、神経が圧迫されてしまうことにより、肩から指先にかけて「痺れ」という症状が出てくることもあるのです。

手が痺れてきても、症状が短期間で治まってしまうとどうしても病院には行かなくなってしまいます。そのため、後々になって痺れが頻繁に出るようになったというケースは多々あるようです。

ですから、たかが肩凝りと思わずに、同時に他の場所にも何らかの症状が出ている場合は、一度病院で診てもらうことをお勧めします。

ところで「ペインクリニック」って知っていますか?

事故などが原因で発生している症状は薬などを使って徐々に緩和させていくような治療をしている機関です。

クリニックにより専門があるようで、肩凝りを専門としている所、事故を専門としている所、入院だけでなく外来でもOKな所などがあり、治療も薬や漢方など実に様々な対処ができるようになっています。

こういった所で肩凝りを治して行くだけでも痺れ自体が無くなってくると思いますのでぜひ、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。